このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中のお通じには

妊婦の女性

妊婦になると便秘になりやすくなります。ホルモンバランスの変化や、つわりなどによる食生活の変化、運動不足や生活リズムの変化など様々な原因があります。妊婦の場合は胎児への影響も考えてなるべく自然の力で便秘解消できるようにするとよいでしょう。基本的なポイントとして、水分を十分に摂取すること、適度な運動をすること、食物繊維や乳酸菌をとることなどがあります。妊婦の場合はお腹のマッサージは避けましょう。手や足にあるツボを押すことも効果的です。こうした生活習慣を整えても変化が見られない場合にはサプリメントなどを使用するのもよいでしょう。便秘薬よりもサプリメントの方が効き目が穏やかなためおすすめです。乳酸菌や食物繊維が主体のサプリメントならば体への影響も少なく安心です。

注意すべきポイントとしては、過剰摂取に気をつけるというポイントがあります。どのようなサプリメントでも妊婦でなくても同様ですが、特に妊婦のときは過剰摂取は絶対にやめましょう。妊婦にも問題がないとされているサプリメントを選び、適量を越えないよう注意しましょう。市販のサプリメントで心配な場合は検診の時に医師に相談するのもおすすめです。妊婦にも問題のない便秘薬を処方してくれるでしょう。処方薬だと市販薬より安いこともあります。また、食物繊維は効果的ですが、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。どちらかだけ偏ってとってしまうと逆に便秘が悪化することもあるので両方バランスよくとるようにしましょう。おすすめは鉄分も含まれているプルーンなどです。