このエントリーをはてなブックマークに追加

腸内環境の悪化が原因に

お腹

中高年になると多く見られるぽっこりお腹ですが、女性の場合は便秘が原因であることが珍しくありません。しかし、中には婦人科系の病気が原因である場合もあるので注意が必要です。ぽっこりお腹が脂肪が原因ではなく便秘が原因であった場合は、ダイエットをするのではなく腸内環境を改善させる方がより効果的です。

More Detail

妊娠中のお通じには

妊婦の女性

妊婦はホルモンバランスや食生活の変化などの理由から便秘になりやすい傾向にあります。水分の摂取、適度な運動、食物繊維の摂取などでなるべく薬に頼らないで解消すると良いでしょう。サプリメントもおすすめですが、過剰摂取はさけて適度に摂取しましょう。

More Detail

牛乳由来の健康成分

メディシン

注目された背景

牛乳に含まれる成分は、様々な有効性が期待される事から注目されており、いくつかの有効成分が発見されています。その1例に挙げられるのがラクトフェリンと呼ばれる成分です。ラクトフェリンとは牛乳由来のタンパク質の1種です。この成分には近年、判明した健康効果として、炎症や細菌、酸化などの体内における疾病因子に対する抵抗力を持つ事が分かってきています。このラクトフェリンは牛乳以外のミルク、例えば母乳などにも含まれており、それが赤子に対する感染からの防衛効果に繋がっていると考えられています。こうした事から、現在ではヨーグルトなどの乳製品に配合し、食中毒や風邪をはじめとした細菌由来の病気を予防する、等の活用もなされています。

成分の主な特徴と現状

ラクトフェリンというタンパク質には、鉄との親和性が高い事が分かっています。もともと分子的な構造として、1つのラクトフェリン分子には2つ分の鉄分子が結合する事が知られており、その鉄分運搬による影響が、体内で細菌や炎症の予防効果増加に繋がる、と考えられています。その一方で摂取においては、いくつかの注意点も挙げられます。現時点ではまだ有効性が期待できる段階どまり、と言われているのが第1です。通常の経口摂取であれば副作用などの問題は少ないと考えられている反面、ヒトへの実際の効能に関する研究結果はまだ不充分だとされるためです。また妊婦さん等には、赤子への直接的な影響を示す研究データが不充分とされる事から、念のために摂取は控えた方が良い、と言われています。成分の効能に関しては、高い効果が期待できるラクトフェリンであるため今後、更なる研究成果が期待される状況となっています。

飲むだけで痩せるのか

ジュース

酵素ダイエットは、サプリ・スムージー・ドリンクと大きく分けて3つの方法があります。それぞれにメリットがありますので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。また、特にスムージーやドリンクの場合には、過食に注意が必要です。

More Detail